住居用洗剤を使おう|簡単にお家がピカピカに

家中をピカピカに

掃除用具

コスパ最強

近年、ドラッグストアなどの量販店には、いくつもの種類の住居用洗剤が並んでいます。もちろん、これらの効果は素晴らしく、上手に取り入れていきたいのですが、今一度注目したいのが「重曹」や「クエン酸」といった、従来からあるシンプルな自然派住居用洗剤です。なんといっても、人気の理由は、「コストパフォーマンスの良さ」です。直接粉末を塗る方法や、水に溶かしてスプレーにするなど、さまざまな場面で活躍できますし、値段も安く、量も多いのです。また、「肌にやさしい」というのも、シンプルな自然派住居用洗剤の人気の理由のひとつです。特に、肌が弱く、洗剤で肌荒れをおこしやすい人や、小さな子供がいる家庭でも人気があります。

それぞれの使い方

先程紹介した、「重曹」や「クエン酸」などの住居用洗剤の特徴と、その効果や使い場所について紹介します。まず、重曹は、弱アルカリ性の洗剤です。そのため、油汚れやタンパク汚れに効果的です。ですから、シンクやガスレンジまわりの掃除に適しています。使い方は、そのまま粉末を振りかけて少し時間を置き、お湯でこすり洗いをします。他に、重曹は水に溶けにくい粉末ではありますが、よく混ぜてスプレーにし、三角コーナーや排水溝の臭い消しに使うことができます。次に、「クエン酸」は、水垢汚れやカルキ成分の分解に役立ちます。使い方は、主に水に溶かしてスプレーで使います。お風呂の水垢やピンク汚れの解消、電気ポットなどのカルキ分解に適しています。